略奪愛の成功例と失敗例

略奪愛の成功例と失敗例

略奪愛の成功例と失敗例

家庭のある男性と独身の女性が不倫関係にある時に、女性は男性を愛していれば自分が妻の座になりたい、男性とずっと一緒にいたいと思うことも少なくありません。
既婚男性が女性と結婚するためには、妻と離婚して家庭を手放す覚悟をしなければなりません。
離婚が成立して独身となれば、女性にも結婚するチャンスが出てきます。このように家庭のある相手が不倫によって妻と別れ、付き合っていた女性と再婚することを略奪愛と言います。

 

しかしせっかく男性と結婚できたとしても、幸せになれる人、なれない人に分かれます。
ここでは成功例と失敗例をあげて考えていきます。

 

略奪愛の成功例

Aさんは同じ会社に勤めている既婚男性を好きになり、ずっと一緒にいたいと思うようになりました。
彼の家庭は子どもがおらずに、妻と二人で暮らしていて、妻に対する愛情はなくなっていました。
不倫関係を続けているうちに、同じ会社に居づらいと思うようになり、Aさんは他の会社に転職しました。

 

そのまま彼とお付き合いを続け、Aさんは彼の子どもを妊娠しました。
子どもがほしいと思っていた彼は、そのことが決定的なきっかけとなり妻と別れ、Aさんと夫婦になりました。
二人は幸せに暮らしています。

 

 

略奪愛が成功したポイント

1の例が幸せに暮らせているポイントがいくつかあります。

 

まず相手に子どもがいなかったことです。

 

子どもがいると親権をめぐる問題があったり、男性は妻に対して愛情が冷めていても、子どもに対する気持ちから別れられないことがあります。

 

またAさんが職場を離れたことにより、二人が結婚した後も会社の人から噂されたりすることが防げました。
二人が一緒にいたら、もっと周りの人から冷たい目で見られたはずです。

 

さらに愛情が冷めている状態で、不倫している相手に子どもができたことは離婚の大きなきっかけになります。

 

不倫相手と結婚して、新しく愛情のあふれる家庭を築いていきたいという気持ちが強くなり、幸せな結婚生活を
送ることができます。

 

 

3.略奪愛の失敗例

Aさんは同じ会社に勤める既婚男性を好きになり、結婚したいと考えるようになりました。

 

彼の家庭は5歳になる子どもが一人いて、妻と三人で暮らしていました。
不倫が妻にばれてしまったことから離婚となり、Aさんと再婚することになりました。

 

Aさんは略奪愛になりましたが、元妻と子どもに対する慰謝料と養育費を支払うことになり、男性と一緒に頑張って支払いを続けています。

 

また会社では陰口を言うひともおり、仲良くしていた人も離れていきました。
親や親せきからも祝福されず、彼と一緒にはいられるけれども幸せを感じられません。

 

 

4.略奪愛で失敗したポイント

3で略奪愛が失敗したポイントは、妻にばれる形で相手が離婚して、その結果としてAさんと再婚したところにあります。

 

彼の気持ちが離婚で固まっていたかはわからない段階で、再婚することになりました。

 

慰謝料や養育費などの支払いが重くのしかかり、仕事を続けるしかありませんが、彼と同じ会社にいるので周りの目が冷たく感じられます。
また周りの人に祝福されていないので、周りから孤立した状況にあります。

 

 

おわりに

このように略奪をしても、決して幸せになれるとは限りません。
成功例や失敗例から学び、幸せになれる略奪愛を目指していきましょう。

人気記事一覧

 

好きという気持ちは止めらない、不倫の恋。

彼しか相談相手も、信じる人もいない、という非常に閉じた状況です。

「誰にも相談することができない」ということは、不倫の恋を続ける上で大きなストレス

うかつな行動につながってバレてしまったり

彼の気持ちが離れていってしまったりしやすいのです。

でも、具体的にどうすれば、うまく復縁できるのか・・

ただ考えるばかりで時間ばかり経っていってしまってはいませんか?

当サイトでは当たると評判の大手占いサイトをランキング形式で紹介します!

口コミでも「当たった!」と、大人気!恋愛運アップの方法や

彼があなたをどう思っているかバンバン当たりますよ!

好きな人の未来をプロの占い師の先生に尋ねてみましょう♪

 

▽当たる占いランキングはこちら▽


ホーム RSS購読 サイトマップ